<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Víctor Vasarely




f0154409_23193941.jpg




f0154409_2324280.jpg




!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
by tt300yy | 2012-02-22 23:25 | Comments(0)
右か左でとにかくカテゴライズするだけの様な、がさつなフィルターから新しい一歩は生まれません。
私の言いたいことは、
口に日本文化や日本的伝統を軽蔑しながら、お茶漬の味とは縁の切れない、
そういう中途半端な日本人はもう沢山だということであり、
日本の未来の若者にのぞむことは、ハンバーガーをパクつきながら、
日本のユニークな精神的価値を、おのれの誇りとしてくれることである。

- 三島由紀夫[お茶漬ナショナリズム]-
[PR]
by tt300yy | 2012-02-18 21:41 | ROOTS&SPIRIT | Comments(0)
展示会 CRARY SHOES
本日最後は最高級レザーブーツの[クレイリー]です。

ポートランドの小さな工場で、手裁ちとシングルステッチミシンによる
オールハンドメイドのカスタムブーツを30年間作り続けてきたBill Crary。
この人物は、ダナーブーツの創設者であるCharles Dannerの孫、
ダナーブーツ社を築いたBill Dannerの息子です。

アッパーにノルウェー産のAarenes社製Krympレザー(収縮させたオックスハイドレザー)
ライニングにはブラジル産ベジタブルタニングクロムフリーレザーをそれぞれ使用。

月産60足。靴の寿命20年だそうです。



f0154409_221654.jpg


f0154409_223244.jpg


f0154409_224515.jpg


f0154409_225245.jpg


f0154409_23410.jpg


f0154409_231319.jpg


f0154409_231970.jpg

[PR]
by tt300yy | 2012-02-18 02:17 | EXHIBITION | Comments(0)
展示会 TOKYOHEMPCONNECTION
続いてはご存知[トーキョーヘンプコネクション]。
ここは毎回、その時々の気分や、メッセージが入ったものが作られて、
オルタナティブに前に進むヘンプアパレルブランドです。



f0154409_137735.jpg


f0154409_1372587.jpg


f0154409_1375115.jpg


f0154409_138088.jpg


f0154409_1384419.jpg


f0154409_1403957.jpg


f0154409_141816.jpg


f0154409_1411923.jpg


f0154409_1414952.jpg


f0154409_142670.jpg


f0154409_1421283.jpg


f0154409_1421924.jpg


f0154409_1422539.jpg


f0154409_14232100.jpg


このブランドの世界観を表現する印刷物の企みがもうすぐ動き出します。
COMYQ+僕も関わっております。詳細はまた。お楽しみに。

TOKYOHEMPCONNECTION
[PR]
by tt300yy | 2012-02-18 01:50 | EXHIBITION | Comments(0)
展示会 CHROME
服飾の展示会BLOGもしっかりやらんとあきませんなという事で
3つ4つ続けて、写真レポートしてゆきます。2012新物。

まずはMADE IN USAの自社工場で作られる自転車向けバッグと、
自転車から街履きまでを意識したシューズの2本軸がメインの[クローム]。

クロームというブランドは現在、値段に見合った物を作っていて、
アメリカ本土で認知度・人気を上げていますが、実は日本に入ってくるブランドで、
ブランドの本国でも同じ様に売れているモノって、想像以上にあまり無いみたいです。

2000年迄のモノの売れ方や、その頃の日本の経済力がそうさせたんでしょうが、
マーケティングの力というやつですね。

数だけを見てると本質に色眼鏡がかかってくるので注意だとは思っています。



f0154409_0321819.jpg


f0154409_0323936.jpg


f0154409_0201069.jpg


f0154409_0204450.jpg


f0154409_0211211.jpg


f0154409_0212660.jpg


f0154409_0215746.jpg


f0154409_0337100.jpg


f0154409_0222869.jpg


CHROME
[PR]
by tt300yy | 2012-02-18 00:56 | Comments(0)
購読している高城剛氏のメルマガ【Future Report】
2012年2月10日号にある2つ目の記事「世界の俯瞰図」より引用いたします


__________________________________
■2. 世界の俯瞰図
今週は、バルチック海運指数と日本の国債暴落報道について、お話ししたいと
思います。

商品運搬コストの指標となるバルチック・ドライ指数が約25年ぶりの低水準ま
で下がりました。これが、世界中の経済紙で大騒ぎになっています。

通称BDIと呼ばれるバルチック海運指数は、ロンドンのバルチック海運取引所
が発表する外航不定期船の運賃指数で、株価の半年先行指標と言われています。
バルチック海運取引所は海運会社などから鉄鉱石・石炭・穀物といった乾貨物
(ドライカーゴ)を運搬する外航不定期船の運賃を聞き取り、結果を取りまと
めて同指数を算出、発表しています。これにより、株価ではなく、実体経済の
動きを理解する指標として、少し先の未来を推測しているのです。

基準となるのは1985年1月4日で、この日を1000として算定し数値をだして
います。特に、この指数が注目を集めるようになったのは、中国の鉄鉱石輸入
を始めとする世界的な原料輸送需要の高まりが背景にあります。その高需要に
よりリーマンショックの前の2008年5月20日には過去最高の11793を記録し
ましたが、リーマンショックの後2008年12月5日には663まで低下しました。
そして先週、急落しリーマンショックの数値より低下した662となってしまっ
て大騒ぎになっているのです。
この数値を見る限り、世界は既に「100年に一度」の経済状態より、実体経済
はさらに悪化していることになり、株価がそこまで落ちていない(むしろ上が
っている)ことはおかしいことで、今後どこかで大暴落、もしくは強度のイン
フレが来ると考えるのが自然です。

バルチック取引所のリポートによると、船舶を遊休状態としており、オースト
ラリアでは「荷積みを待つ船舶」があふれているそうです。今週に入り、指数
は少しづつ持ち直していますが、この急落ぶりにはただ事ではありません。

もうひとつの報道は、海外ニュースの小さな記事ですが「なぜ、日本の大手新
聞が一面で日本国際の暴落シミュレーションを報じるのか?」についてです。
2月2日付けの朝日新聞一面に、「三菱東京UFJ銀行の国債暴落シミュレー
ション」について記事が出ています。
これは、「ゴシップ」に近い記事で、なぜ日本の報道機関は緊迫する中東問題
も、冷温停止と言った後に再び温度が上昇している原発記事もあまり取り上げ
ないのに、このような記事を一面で取り上げるのか、について書かれていまし
た。これは、その国を代表する新聞が、一面に取り上げるような内容ではあり
ません。ニューヨーク・タイムズが「シティバンクがアメリカ国家破綻のシミ
ュレーションをした」ことを一面に載せる事はありません。なぜなら、ゴシッ
プだからです。

まず、国債が暴落する可能性はいつきてもおかしくないことは常識で、なぜ、
いまこの時期に一面で取り上げる必要があるのか、です。
そして、世界中そうですが、報道機関が自社で独自取材をしてシミュレーショ
ンを作るのが一般的で(それが仕事です)、他社のシミュレーションは所詮他
社のもので、報道価値としては低く意図を持った「リーク記事」や「ゴシップ」
扱いが一般的です。それをあえて一面で報道するには、なにかの意図が必ずあ
ります。

すなわち、これは財務省の現在視察中のIMFにむけたプレゼンテーションと増
税のための仕掛けだと思われます。
茶番です。
恐らく、財務省が三菱東京UFJ銀行にシミュレーションを作らせ、意図的に
この国債暴落シミュレーションを朝日新聞に流した可能性が高いと思います。
三面記事ならともかく、なぜ一面に掲載して「危機を煽る」と新聞読者が騒が
ないのも不思議ですが、どちらにしろ、作為的であることは否めません。日本
のマスコミに踊らされてはいけません。そして、このあと起きる事は、IMFが
「日本には増税が必要だ」と公表するでしょう。なぜなら、IMFが他国の借金
調査に視察団を送る事は異例中の異例で、それを公表するのも異例です。さら
に、現在のIMFの副専務理事は財務省出身の日本人官僚です。
IMF、マスコミ、金融機関、政治家と、すべて官僚によるシナリオの通り進ん
でいるのです。

世界が大きく揺れ動くと思われる、この先数年は、誰かがシナリオを書いた情
報を元にした報道のガラパゴス化に、本当に注意し、個々が判断をしっかりす
る必要があると思います。
[PR]
by tt300yy | 2012-02-10 20:40 | DIARY | Comments(0)
GOMORRA
久々に映画を観たいと思いました。

内容が時事的で、変にいい話になっていなさそうだし、

なにより"PRESENTS"でマーティン・スコセッシのクレジットが入っています。




[PR]
by tt300yy | 2012-02-10 02:03 | DIARY | Comments(0)
○でも△でも×でも評価は適切にされたいもの。


明日から東京ミッドタウン・デザインハブで、一人一冊編集[マチオモイ帖]展が開催です。



僕も写真メインで、東大阪盾津を切り口に参加させて頂いてます。
今は大阪市内に居る自分が地元をしばらくぶりに見ると、
ときどき迫力あるフォトジェニックな絵となる盾津の景色を
構図フェチな画図等と駄文で、写真集の様な構成にしました。
この渇いた生々しさから、なにかを感じてもらえるはずです。



【盾津 帖】
「日本有数の中小企業の町である東大阪。その中でも、約25もの運送会社が集結してトラック同士の荷物の積替えや集積をおこなう流通の拠点になっているトラックターミナルや、工作機械・工具・鋲螺等を扱う会社約120が規則的に並ぶ大阪機械卸業団地が中心に位置しているところが盾津(たてつ)です。このマチオモイチョウでは、せっかくぼくが編集者であるので、そういった工業地帯と村の名残りが隣り合う地元を、デザインの目線で写真を切り取って編集しました。補足で、私感の文を綴っています。現在は村や町の地名としての「盾津」は残っていませんが、盾津中学校等の名称があるため、その校区を基準にしたエリアが盾津と認識されています」。





      210mm×210mm  16pages  
f0154409_20473935.png
f0154409_20474894.png
f0154409_20475620.png
f0154409_2048296.png
f0154409_2048981.png
f0154409_20481663.png

[PR]
by tt300yy | 2012-02-09 20:51 | WORKS | Comments(0)
中環東大阪休憩所



f0154409_2322880.jpg










f0154409_23185211.jpg










f0154409_2319562.jpg

[PR]
by tt300yy | 2012-02-01 23:23 | PHOTO/TAKASHI YAMANO | Comments(0)