大阪合同展示会「GHATERING EXHBITION」
「TALKING ABOUT THE ABSTRACTION」、「HEALTH」、「MIRACO」、「ink」をはじめとした、大阪を拠点に、全国〜世界に発信するグッドヴァイブなブランドが集う展示会「GHATERING EXHBITION」に行ってきました。




「KOMORI」
“建具師”小森さんは、本業のほか古着店「Pigsty」などなどの内装等を手掛けたり、自らがヴィンテージウェアマスターであったり、「ポパイ」世代のサーファーでもあった愉しいお方。今回、そんな小森さんが1点モノのオブジェを発表しています。初っぱなから時間を忘れるくらい、ヤラれてしまった。
f0154409_301679.jpg
f0154409_303161.jpg
↑TINCO MOTIF



「HEALTH」
下の2枚は、パンク・スケート等のカルチャーとリンクしたグラフィック界の巨匠「JIM PHILLIPS」とのコラボアイテム。前回のTerry Richardsonのときもそうだったけど、アーティストの作品を服にのせるだけじゃなく、双方のデザインがクロスオーバーしているのが格好いい! 一番下はご存知ピカソの絵をJIM PHILLIPSが描き直している。これは多分個人買いしマス。。来年2月頃にでるのかな。
f0154409_312158.jpg
f0154409_313756.jpg
f0154409_3157100.jpg




「Inner space」
アンダーグラウンドからウォールペイントまで多岐にわたる活動を行い、海外でも評価されている孤高のイラストレーター“SHIGEKI IWAMA”によるカットソーブランド。あまり知られていないかとも思いますが、来期もヤバいグラフィックが多そう、要チェックでは!?
f0154409_3151316.jpg





「MIRACO」
トリコロールカラーを強く活用した、ピースフルな服がやっぱり好印象。奥に見えるメッセンジャーバッグは、よく見るとボーダーの部分が小さな鍵盤模様になっていて、かなり調子良さげ。
f0154409_3494827.jpg





「ELATE」
フリーのパタンナーとして、「MASTER MIND JAPAN」他、様々な制作に携わってきた宮川雅基氏によるエッジなカジュアル銘柄。1ヶ月くらい前に撮影でこのブランドの“歪みチェック柄”ネルシャツを見たので印象にあるのですが、、、来期のギンガムチェックシャツも歪んでいて大分かわいいです。デザイナー宮川さんが今日着ていたTシャツも(巨乳プリントで)ボーダー柄が歪んでいました。
f0154409_354935.jpg
f0154409_3542369.jpg





「Ink」
解体→縫製→再構築を繰り返した後、ミニマム&ガーメンツなシルエットをつくり出すリメイク銘柄「インク」。今回は床一面にミリタリーウェアの残骸を敷きつめていたのが、ココらしくて印象的。ヴィンテージのデニムオーバーオール生地を使った、3D風パンツがお薦め★
f0154409_421972.jpg
f0154409_423549.jpg





「CHACOAL DEPO」
鉄と木をつかった“道具として付き合える”オリジナルファニチャーという、コンセプトで物作りをしているそう。無骨でいい感じ。よく見てみると、鎖部分が不自然なカタチで止まるように加工されています。
f0154409_4102594.jpg





「TALKING ABOUT THE ABSTRACTION」
市原さん率いる「T.A.T.A.」を見ている最中に、撮影を始めることになって全ては見れなかった。残念。でも、色々とドープシットなアイテムがありそうでした。
f0154409_4171948.jpg





プラス・・・・・・「TATA BABY」
f0154409_4232465.jpg
f0154409_4233836.jpg
アメカジ趣向やギミックワークを取り入れた「T.A.T.A.」特有のアジを、転写プリントを多用したラインアップでお届けするベイビー&キッズライン。これ着てたら大分可愛いで〜


「Nothing special」等、画像を載せれなかったブランドの方々、スミマセン。とにかく、グッドヴァイブな洋服が沢山並んでいました。来年をお楽しみに。
[PR]
by tt300yy | 2007-10-17 23:38 | EXHIBITION
<< 真実のブログ「龍波動」 「nixon」 '08... >>